ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

韓国語での新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
今年もブログでいろいろな韓国を紹介していきますので、よろしくお願いします。

さて、今回は韓国語の新年の挨拶表現についてはご紹介します。
韓国では新年の挨拶を一般的に「새해 복 많이 받으세요」といいます。
では、簡単な会話表現を使って覚えてみましょう。

A:새해 복 많이 받으세요.
  あけましておめでとうございます。
B: 〇〇씨도 올 한해 건강하고 좋은 일 많길 바래요.
  〇〇さんも今年健康で、いいことたくさんあるように願ってますよ。
A:새해 해맞이 보러갔어요?
  初日の出は見に行ったのですか?
B:네, 가족들 하고 보러갔어요.
  はい、家族と身に行きました。
A: 올해는 무슨 띠지요?
  今年は何干支でしたっけ?
B: 닭띠해에요.
  酉年ですよ。

皆さんも、新年のご挨拶を韓国語で挑戦してみてくださいね。

Planes, Trains, and Automobiles(飛行機と電車と車)

Almost all of us use a form of transportation in our daily lives, whether we drive our own car, catch a bus, or ride a train. Sometimes, when we need to go far away, we may even board a plane or boat. I don’t like to drive, so I normally take trains, buses, and other forms of public transportation to get to where I need to go. Trains are fast and convenient. I love sitting by the window and watching the scenery roll by. Buses are a bit slower, and the view from the window normally isn’t very pretty, but they go to many places that a train cannot. How about you? What’s your favorite mode of transportation?

ほとんどの人が、車を運転したり、バスに乗ったり、電車に乗ったりと日常生活で乗り物を使いますよね。時々、遠くに行く必要があれば、飛行機や船にも乗るかもしれません。私は運転があまり好きじゃないので、出かけるときは、電車やバス、またその他の公共交通機関を使います。電車は速くて便利です。窓のそばに座って、景色が流れるのを見るのが好きです。バスはちょっと遅くて、窓からの眺めもあまり良くありませんが、電車で行けない場所にも通っています。あなたはどうですか?どんな交通手段を利用するのが好きですか?

韓国の受験のゲン担ぎとは?

 最近、日本のニュースにも取り上げられるようになった韓国の大学入試。先月も色々なニュースで紹介されていましたね。今日はその韓国の大学入試のゲン担ぎのお話です。
 韓国の大学入試試験である「大学修学能力試験」、通称「修能(スヌン)は言わば日本の大学入試センター試験に当たり、韓国では「修能」の得点次第で志望大学に行けるかどうかはもちろん、将来まで決まるとも言われています。大学進学に向けた登竜門として受験生たちが最も本腰を入れて取り組むのです。韓国の受験生たちは高校時代の3年間を「修能」本番の1日にかけているといっても過言ではありません。
 「修能」が実施される11月に入ると、韓国の街では合格祈願グッズを販売する店が増え始めます。中でもよく目に付くのが、餅や飴です。「付く」という意味の韓国語「붙다(プッタ)」には「合格する」という意味もあり、粘り気があって張り付くものを「志望校に受かるように」との願いを込めて贈ります。また、フォークも定番。「修能」はマークシート方式のため、こちらは「찍다 (チッタ、刺す)」とかけ、「正しい答えを刺せ!」という意味が込められています。他にもアイディアに富んだユニーク商品が満載。思わず噴き出してしまいそうなグッズを貰ったら、勉強のストレスもきっと吹き飛ぶでしょうね。
 日本では試験日が近づくと、失敗を意味する「すべる」「落ちる」などの言葉を使わないように気をつける人や、「勝負に勝つ!」といって、かつ丼を食べる人がいますよね。韓国も同様!韓国では「わかめ」が「ぬるぬる滑る」を連想させることから、「わかめスープ(ミヨックッ)」を避ける家庭が多いようです。

Dad Jokes(おやじギャグ)

Have you ever heard of a Dad Joke? Just as the name suggests, it’s the kind of joke a father might tell his children. Dad Jokes are usually puns, and are so embarrassingly bad that they’re actually good. Here is one of my favorite Dad Jokes:

Two peanuts were walking down the street. One was a salted.

Get it? When you say it aloud, a salted sounds like assaulted (to be attacked). So, either one peanut was covered in salt, or one peanut was attacked by someone. I hope you’re rolling your eyes, because the joke isn’t very funny – but then again, maybe that’s the point!

あなたは今まで「Dad Jokes」を耳にしたことがありますか?その名の通り、父親が子ども達に話すジョークの一種です。「Dad Jokes」は、だじゃれであり、ちょっと困りものだけど、でもなんか良いんですよね。では、私の好きな「Dad Jokes」の一つを紹介します。

トゥ ピーナッツ ワー ウォーキング ダウン ザ ストリート。ワン ワズ ア ソルティッド。
(ふたつのピーナッツが通りを歩いていた。一つは塩味だった。)

わかりましたか? 声に出して言うと、「ア・ソルティッド(塩味)」が「アソルティッド”Assaulted”(猛攻撃される)」に聞こえるんです。だから、「ひとつのピーナッツが塩味」なのか、はたまた「ひとつのピーナッツが誰かに攻撃された」なのか。きっと呆れてますよね、だってこの冗談、全然面白くないし… でも、だってそれが「Dad Jokes」の持ち味でしょ!

「工夫」って「勉強」のこと⁉ 日本と韓国の漢字の違い…

今日は日本と韓国で使われている漢字の違いについて見てみましょう。

日本語は漢字とひらがなとカタカナを使って表記していますが、韓国語の場合はほとんどハングルだけで表記しています。しかし、韓国語にも漢字語があり、ハングルで表している名詞の場合、固有語以外の単語は漢字語に直すことができます。日本も韓国も漢字を使う国ですが、まったく違う漢字表記になったり、意味になったりするので面白いですね。

韓国語:感氣(감기) / 日本語:風邪
韓国語:去來(거래) / 日本語:取り引き
韓国語:工夫(공부) / 日本語:勉強
韓国語:空冊(공책) / 日本語:ノート
韓国語:宮合(궁합) / 日本語:相性
韓国語:今時初聞(금시초문) / 日本語:初耳
韓国語:腦電症(뇌전증) / 日本語:てんかん(癲癇)
韓国語:茶房(다방) / 日本語:喫茶店
韓国語:團束(단속) / 日本語:取り締まり
韓国語:美国(미국) / 日本語:米国
韓国語:放席(방석) / 日本語:座布団
韓国語:白手(백수) / 日本語:無職、一文無し
韓国語:逍風(소풍) / 日本語:ピクニック、遠足
韓国語:年年生(연연생) / 日本語:年子

いかがでしたか?「工夫」が「勉強」だなんてびっくりですね。また、「アメリカ」は韓国語も中国語も「美国」なのに、日本は「米国」だなんて… 漢字って面白いですね!