Dad Jokes(おやじギャグ)

Have you ever heard of a Dad Joke? Just as the name suggests, it’s the kind of joke a father might tell his children. Dad Jokes are usually puns, and are so embarrassingly bad that they’re actually good. Here is one of my favorite Dad Jokes:

Two peanuts were walking down the street. One was a salted.

Get it? When you say it aloud, a salted sounds like assaulted (to be attacked). So, either one peanut was covered in salt, or one peanut was attacked by someone. I hope you’re rolling your eyes, because the joke isn’t very funny – but then again, maybe that’s the point!

あなたは今まで「Dad Jokes」を耳にしたことがありますか?その名の通り、父親が子ども達に話すジョークの一種です。「Dad Jokes」は、だじゃれであり、ちょっと困りものだけど、でもなんか良いんですよね。では、私の好きな「Dad Jokes」の一つを紹介します。

トゥ ピーナッツ ワー ウォーキング ダウン ザ ストリート。ワン ワズ ア ソルティッド。
(ふたつのピーナッツが通りを歩いていた。一つは塩味だった。)

わかりましたか? 声に出して言うと、「ア・ソルティッド(塩味)」が「アソルティッド”Assaulted”(猛攻撃される)」に聞こえるんです。だから、「ひとつのピーナッツが塩味」なのか、はたまた「ひとつのピーナッツが誰かに攻撃された」なのか。きっと呆れてますよね、だってこの冗談、全然面白くないし… でも、だってそれが「Dad Jokes」の持ち味でしょ!

Dad Jokes(おやじギャグ)」への1件のフィードバック

  1. 日本でもアメリカでも、父親の冗談って同じような扱いを受けているんですね… でも、その「おやじギャグ」が、食卓での家族の会話に繋がっているのかもしれません。「Dad Jokes」も「おやじギャグ」も最高お父さん達、頑張って

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA